kakutoutuusin.cocolog-nifty.com > 舞台情報

劇団kanikuso 第12回公演 「音ノ森」
Ben-Croft vol.9  2WAY PLAY 『G.W.錠』
vol.8 Ben-Croft♪ミュージカルス          『わたしはピアニシモ♪You ain't heard nothin'yet.』
Ben-Croft vol.7 『月と、のどぼとけ』
Ben-Croft vol.6                               『That's another room storyそれはまた別の部屋の話』
Ben-Croft vol.5 『玩具の恋人』
Ben-Croft vol.4 『美茄子の使命』
Ben-Croft vol.3 『やさしいタネの話』
Ben-Croft vol.1 『DEGASのイルカ』

<< 前 | トップページ | 次 >>

Ben-Croft vol.7 『月と、のどぼとけ』

Ben-Croft vol.7 『月と、のどぼとけ』

下北沢駅前劇場

2002年7月31日(水)~8月4日(日)
 

【キャスト】
小磯勝弥・浦一弘・秋山恭子・田中智也・若松恵・鈴木規依示・助川嘉隆[文学座]
金澤江美・手島昭一・中島真一・佐藤和佳・山田竜史・浅木大

【あらすじ】
葛木しなこは、未亡人であった。しなこの亡夫、有平は和菓子職人であった。
夫の死後、しなこは和菓子の店を引き継ぐ。しかし、世は不況の最中(さなか)。

店の存続は危ぶまれていた。だが、店には、亡夫の遺した切り札があった。
奇跡を呼ぶと巷にうたわれた、おみくじ入り最中(もなか)である。

しなこは、夫の死以来、封印していた伝説の菓子を、再び店に並べはじめる。
やがて最中(もなか)は再び、世に奇跡をもたらすのであったが……。

これは奇跡の最中(もなか)を手にし、奇跡の最中(さなか)に立った、人々のものがたりである。。


【スタッフ】
作・演出/大和田悟史舞台監督/小林英雄(Anjuta Arts) 照明/柳本友紀 音響/田上篤志(atSound) 井上直裕(atSound)
舞台美術/ 斎藤岩男  舞台美術助手/羽鳥真理子 音楽/大橋恵 宣伝美術/秋本壮也[オブジェクト] 田中邦昭[デザイン] COFFEE SHOP 制作/ 秋山恭子、本庄佐知子 野沢敏樹  写真撮影/高取剛充

固定リンク